返済不要の助成金

特定就職困難者雇用開発助成金とは 就職に悩む労働者を確保!

特定就職困難者雇用開発助成金

特定就職困難者雇用開発助成金という制度は知っていますか。就職することが難しい高齢者の方や障害を持つ方を対象とした補助金の制度で、なかなか職にありつけない労働者の確保をしやすくしてくれます。

この記事を最後まで読んでいただいた方は、この制度を利用することでどんなメリットやデメリットがあるのか、より深く理解していただけることかと思います。

1. 特定就職困難者雇用開発助成金の概要は

特定就職困難者雇用開発助成金は別名特定就職困難者コースとも呼ばれており、ハローワークや民間の職業紹介事業者を介して高齢者の方や障害を持つ方を雇い入れることにより助成金をもらうことができる、補助金制度のことです。

つまり、特定就職困難者雇用開発助成金を利用するための前提条件として、ハローワークや民間の職業紹介事業者を介さない雇用であるのならば助成金の対象となりませんし、対象となる高齢者や障害者でない場合にも当然ながら補助金の対象とはならない点に気をつける必要があります。

どちらか片方の要件を満たせば特定就職困難者雇用開発助成金の条件を満たすわけでなく、雇用に至るために紹介された場所や雇用した人物が制度の要件を片方でも満たしていない場合には補助金の対象外となってしまうため、雇用促進しつつ助成金を受給しようと考えている場合には、細心の注意を払う必要があります。

2. 特定就職困難者雇用開発助成金のメリットは

特定就職困難者雇用開発助成金では、制度を利用することによりさまざまなメリットを事業主は受けることができます。まず、就職に悩みやすい高齢者の方や障害を持つ方を雇用することができるため、比較的容易に労働力の確保ができます。

また、特定就職困難者雇用開発助成金を使わずとも同じとは言えますが、制度を利用することにより、労働力を確保しながら補助金を受給できるため、高齢者や障害者といった、若い健常者よりも同じ仕事を振りにくい場合であっても、賃金は助成金により一定額まで補ってもらうことができるのです。

さらに、特定就職困難者雇用開発助成金を使っていると、ハローワークや民間の職業紹介事業者に高齢者や障害者でも受け入れるという意志があることを明確に伝えることができるため、当人でなくとも求人を見た方からも企業イメージがアップするというメリットまで存在するのです。

メリットというと、とかくすぐに効果が現れる部分にばかり注目しがちですが、特定就職困難者雇用開発助成金を利用すれば、企業を大きくするために欠かすことのできないイメージが、上昇すると言えます。求職者はもちろん、そのような取り組みを行っていると知った取引先にも悪いイメージを与えることはありませんので、事業主としては補助金を受給しながらメリットが盛りだくさんの制度と言えます。

3. 特定就職困難者雇用開発助成金のデメリットは

特定就職困難者雇用開発助成金はさまざまなメリットを持っていますが、当然のことながらメリットのみでないことを知る必要があります。メリットとデメリットをてんびんにかけ、現在の経営状態で制度を利用するべきかどうか、事業主としてしっかりと考える必要があるのです。

特定就職困難者雇用開発助成金では補助金を受け取るために、高齢者の方や障害を持つ方を受け入れる必要があります。そのため、若い健常者の方でないと難しい作業を行うのであれば、この制度を利用して労働力を確保するのは、助成金が出るとはいえデメリットにしかならないと言えます。

例えば、高所での電気工事作業。特定就職困難者雇用開発助成金で雇った労働者と、一般の求人で雇った若く健康な労働者で賃金が同じなのであれば、労働力を確保するという観点だけ見れば前者の方が補助金を受給できるぶんお得です。しかしながら、高所での作業という特殊性があるため、未経験の高齢者や障害者の方を雇い働かせることは、非常にリスキーな行為です。

いくら特定就職困難者雇用開発助成金を利用して高齢者や障害者の雇い入れを積極的に行い、企業イメージをアップさせたとしても、もしそのせいで作業中の事故が頻発するようならばアップさせたイメージより多いイメージダウンは避けられないと言えます。このような現場では、この制度を利用することはデメリットとなりやすいのです。

逆に、長期の経験者で未経験の若い健常者を雇い入れるよりもメリットとなるケースもあるため、一概に特定就職困難者雇用開発助成金での雇用がイメージダウンにつながるとは言えないということです。障害者の方で車椅子生活を余儀なくされている方でも、車椅子移動ができるオフィスで事務仕事はできますので、労働者に何をさせるのか事業主がしっかりと考えていれば、デメリットとならないことも多いのです。

4. 特定就職困難者雇用開発助成金の補助額は?

特定就職困難者雇用開発助成金では、最大240万円の補助金を受給することができます。これは重度の障害者の場合に、週30時間以上労働をさせた場合に適用されるものです。3年間にわたり半年ずつ補助金を受け取れるため、最大40万円を6回受け取ることになります。

また、特定就職困難者雇用開発助成金では週20時間以上30時間未満で60歳以上65歳未満の高齢者、もしくは母子家庭の母などである場合、1年間だけですが最大40万円受け取ることができます。これも半年ごとに補助金を受け取ることになるため、最大20万円を2回に分けて受け取ることとなります。

特定就職困難者雇用開発助成金の要件を満たしていれば、最大支給額40万円~240万円の間で労働時間と年齢、もしくは健康状態によって補助金額と支給期間が変わってくるため、長時間より高齢の方や重い障害を持った方に労働してもらった方が、助成金の額は大きくなることになります。

おわりに

いかがでしたか。特定就職困難者雇用開発助成金では補助金を受給できるばかりでなく、労働力を確保しながらうまく労働者を配置することにより、企業イメージアップに貢献させる効果もあることがわかりました。

求人を見つけにくい方々ではありますが、雇い入れることにより労働者はもとより、事業者にもしっかりとしたメリットがあるということですね。


-返済不要の助成金