返済不要の助成金

平成29年度(2017年)決定版! 数ある助成金で使いやすいものとは

助成金 平成29年度(2017年)

助成金は数多くありますが、平成29年度(2017年)現在使いやすい制度にはどのようなものがあるか、既に見当はついていますか。もし、まだ見当がついていないのであれば、各制度に合わせて用意しなければならないものもあるため、早い段階で制度を選ぶ必要があります。

この記事を最後まで読んでいただいた方は、現在も使える使いやすい助成制度を理解していただけることかと思います。

1. 平成29年度(2017年)に使える助成金を使う心得

平成29年度(2017年)に使える助成金の制度といわれても、制度について既に見当をつけられていないのであればどのような制度があるのかすら、わからない状態かと思います。しかし、その状態では事業主として補助金を受け取るために必要な情報を十分に得ているとは言えず、平成29年度(2017年)以降に助成金を得ようとしても、なにを準備しておくべきなのかすらわからない状態になっているはずです。

そのため、助成金を平成29年度(2017年)に限らず使おうとするのであれば、まずは平成29年にどのような制度が存在するのか、事業主として自分が行っている事業に関連するものをなるべく多く知っておく必要があります。

そうすることで、平成29年度(2017年)じゅうに申し込めるのであれば申し込み助成金を受け取ればいいですし、間に合わないのであれば次年度以降に補助金を受け取るように準備ができますので、より確実に制度を利用することができると言えるのです。

ですが、気をつけていただきたいのは、平成29年度(2017年)に使える助成金が、次年度以降も必ず使えるという保証がないため、狙った補助金制度は次年度以降も継続して募集するか、たまに確認をしながら次年度を待つか、早いうちに申し込み完了させてしまう必要があります。

2. 平成29年度(2017年)に使えるおすすめ助成金

助成金には、国が母体となっているものや自治体が母体となっているものまでさまざまありますが、平成29年度(2017年)に使える補助金の制度でおすすめなものをいくつか紹介します。

まず、平成29年度(2017年)現在でも使える助成金の中でも使いやすいのが、教育訓練休暇等制度です。この制度は、労働者に対し休暇を与え、その休暇中に業務に関係のある知識や技術の習得をしたり、資格の取得をしたりしてもらうものです。それにより、一時的に労働者が労働現場からいなくなるため生産性が低下しますが、戻ってきた労働者は生産性の向上に一役買ってくれるのです。

この教育訓練休暇等制度と似たような助成金制度に、セルフ・キャリアドック制度というものが平成29年度(2017年)でも使えるものとして存在しています。こちらの制度は、前者が労働者に休暇を与えなければならないのに対し、休暇を与える必要はないというのが大きな違いです。また、定期的にキャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングを実施せねばならないという点も異なる点であり、似たような制度でも要件が大きく異なるのに注意が必要です。

そのほかにも、平成29年度(2017年)に使えるおすすめの助成金として、人材育成コースというキャリアアップ助成金の中の一つを利用するのもいいかと思います。人材育成コースでは、Off-JTやOJTを活用し労働者の能力を底上げするもので、特に若い労働者である新卒や中途採用の社員教育にピッタリな制度と言えます。

3. ほかにも平成29年度(2017年)に使える助成金はある?

先ほど紹介した制度のほかにも、平成29年度(2017年)に利用できる助成金の制度があるのかは気になることかと思います。結論から言ってしまうと、もちろんあります。しかも、先ほどは3つの補助金制度を紹介いたしましたが、3つどころか何十個も利用できる制度はあるのです。

しかし、それは平成29年度(2017年)に利用できる助成金の制度があるというだけであり、実際に事業主としてあなたが現在運営している企業、もしくはこれから起業予定の企業で利用できる制度であるか、というのは別問題です。

というのも、起業時のみや起業から1年以内にしか利用できない制度というものもありますし、特定の業種や用途にしか利用できない助成金が普通ですので、ただ起業があるだけで用途不問で補助金を受給できる制度は平成29年度(2017年)現在には存在していないのが現実です。

そのため、事業主としてどんな事業をしているのか、する予定なのか、またどのような用途で申請を行う予定なのか事業計画を明確にしていないと、どのような助成金の制度を利用できるのか探すことも申請することもできないのです。

4. 助成金受給のために準備すべきものとは

助成金受給のために準備すべきであるのは、平成29年度(2017年)に申請するのであれば現在も受付をしている補助金の制度をしっかりと選ぶことは基本です。当然ですが、受け付けを終了している制度を選び、それに合わせて準備したとしても、助成を受けることはできないのです。時間がもったいないので、現在も受け付けしているのかを初めに確認することが大切と言えます。

もちろん、平成29年度(2017年)に準備を始め、次年度以降に助成金を受給できるよう申請を行うのであれば、制度が平成29年度で終了してしまうというリスクを受け入れつつ、必要とされる事業計画書や制度の導入などを行う必要があります。

労働組合との話し合いも必要で、要件となる制度の導入までに時間が必要なものである場合、要件を満たすまで数日で済むものではなくなってしまうため、平成29年度(2017年)じゅうに助成金の申請を行おうとしても間に合わない可能性があることを覚えておく必要もあります。

それゆえに、申請して利用したい制度が決まったら、要件の変更や制度の廃止がないか、こまめにチェックする必要があるのですね。

おわりに

いかがでしたか。平成29年度(2017年)に利用できる助成金制度であっても、今すぐに申請して助成を受け始められるものばかりでなく、労使間の合意や制度の導入が先に必要で、次年度以降にならないと補助金を受け取ることができない可能性があることがわかりました。

制度自体が廃止されることもあるため、できるだけ早く行動し、どの制度を利用するのか決めていただきたいと思います。


-返済不要の助成金